スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄葉光一郎政調会長会見詳報(1)(産経新聞)

■「政策のキャプテン役を務めたい」

 政調会長に決まった玄葉光一郎氏の就任会見は以下の通り。

 「みなさん、こんばんは。本日、菅(直人)新代表から使命を受け、また、両院総会でご承認をいただいて、民主党の政調会長に就任をさせていただきました玄葉光一郎です。どうぞよろしくお願い申し上げたいと思います」

 「特に政策部門での全員参加、そのキャプテン役を務めるつもりでがんばりたいと。監督は菅さん、ということだと思います。政策調査会の復活ということを菅新代表がおっしゃいましたけれども、正確に申し上げると、かつての政調会を復活ということではないと私は思っています。つまりは、一元化。政府・与党、政策決定の一元化の下における政調、政策調査会を新しくつくると。そういうふうにお考えをいただければというふうに思っております」

 「少し、説明をいたしますと、かつてみなさんがよくご存じの自民党の政策決定。これはですね、1つはですね、スピードの面で非常に意思決定が遅かった。なぜかと言えば、部会があって、政調役員会があって、総務会があって、そこですべての了承を得なければなかなか意思決定にならない。そういう問題がまず1つ、ありましたね。もう1つは責任の所在。政府にあるのか、与党にあるのか、どっちにあるのか分からない。こういう問題もあったと思います。そして、さらに3つ目を申し上げれば、族議員がどうしても輩出しやすいと。こういう欠点がかつての自民党政権下での政策の意思決定の中には存在をしていたと」

 「従って、鳩山新政権になって、民主党政権になって、政策の政府・与党一元化というものを図ったわけです。で、私は、菅新政権、とても大事なことは鳩山政権の8カ月の蓄積と教訓を生かすということだと思っておりまして、その教訓の1つは、まさにこの政府と与党の関係だと思っています」

 「一元化、これは、今後も続けたいと思います。ただ、この8カ月の間に何が起きたかと言いますと、与党の中に、民主党の中に、なかなか自分たちの、議員ですよ、国民のみなさん、有権者のみなさん、選挙区に帰ってたくさんの声を聞いてくる、吸い上げるんだけれども、いざ自分たちの声を政策決定の場で申し上げても、なかなかそれが反映できないと。そういう不満の声が多々ありましたし、なかなか闊達な政策の議論がですね、特に最初のころはですね、ないのではないかと。こういう議論があったわけです。

 「従って、一元化の下で政策調査会というものを復活できないか。あるいは新しく作れないかと。こういう議論を展開してきたわけですけれども、菅新代表からは『全員参加で、全員参加のための政策調査会、それをぜひつくってほしい』と直接お願いをされましたので、そのことを肝に銘じながらですね、新しい、これはある意味ですね、日本の政党史上、初めての、新しい試みでありますので、そういう政策調査会ですね、仕組み上、作っていって、一年生議員も含めててですね、生き生きと政策活動が展開できるような、そんな民主党にしたいと。そのために全力を尽くしたいというふうに思っておりますし、また同時に、政策調査会長という立場でありますので、いわば政策についての説明責任というものを負う立場だというふうに理解していますので、そのことにも全力を尽くしてがんばってまいりたいというふうに思っておりますので、どうぞ、みなさんのご協力をよろしくお願い申し上げたいと思います。以上です」

--政調の新しい制度はいつまでに作り上げるか

「ご案内の通り、まあ、現在は国会の会期末近くということであります。そして、参議院選挙がこれからすぐあるわけですから、参議院選挙、終わるころまでにですね、一定の仕組みをですね、少なくとも構想上、作り上げることができれば、今後の活動には何に支障も来さないのだろうと。従って、これから、幹事長、あるいは官房長官とも話し合いながらですね、先ほど申し上げたような政策調査会を作り上げられるように段取りをしたいと。そう考えています」

【関連記事】
新幹事長が「脱・小沢戦略」示唆  参院選候補問題
民主党執行部がスタート 「菅政権」8日発足
民主党新執行部 枝野幸男幹事長 絶妙な政界遊泳術で…
菅氏したたか?続々内定組閣人事“仕分け人”蓮舫氏も大臣に
菅新首相に期待57%、比例投票先は民主34%に急伸
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

北教組事件 小林議員の陣営幹部に有罪(産経新聞)
都城でも口蹄疫の疑い…畜産王国にショック(読売新聞)
「SSには軍人や警官、消防士もいる。被告も正義感から…」情状求める弁護人(産経新聞)
菅首相 「元気が出た」…出身地の山口・宇部を訪問(毎日新聞)
国民新党 新幹事長に下地氏、国対委員長など兼務(毎日新聞)
スポンサーサイト

哨戒艦沈没 安保理提起、なお慎重 首脳会談 中国、日韓と温度差(産経新聞)

 【済州島=船津寛】鳩山由紀夫首相は30日も前日に引き続き、韓国・済州島内の国際会議場で、李明博大統領、中国の温家宝首相との日中韓首脳会談を行い、北朝鮮による韓国哨戒艦沈没事件について意見交換した。3首脳は、「事件に関する国際調査団の調査結果や各国の反応を重視し、持続的に話し合い、適切に対処する」との方針で一致。ただ、日韓が目指す国連安全保障理事会への問題提起については突っ込んだ議論とならず、中国との温度差が浮き彫りになった。

 鳩山首相は会談で「毅然(きぜん)とした効果的な対応をとる必要がある。国際社会全体で韓国を支持していくことが大事だ」と述べ、中国に同調を呼びかけた。しかし、温首相は「北朝鮮に暴発をされては困るという思いの中で、慎重な意見だった」(鳩山首相)という。国連安保理への問題提起について、李大統領から発言はなかった。会談後の共同記者会見で、李大統領は「私たちが取り上げるべき確かな手続きを経るべきだ」と、安保理への提起を示唆するにとどまった。

 一方、温首相は共同記者会見で「われわれは武力衝突を避けなければならない。朝鮮半島の平和と安定なしに東アジアの発展はない」と強調し、北朝鮮を過度に追い詰めないよう求めた。さらに、「中国は各国と積極的に意思疎通し、協調をとる」と述べたが、具体的な北朝鮮への働きかけには言及しなかった。

 日韓両国は、国連常任理事国であり北朝鮮の核・ミサイル問題を協議する6カ国協議議長国でもある中国を説得し、国際的な対北朝鮮包囲網の構築を目指していたが、空振りに終わった格好だ。

 韓国側は今回の中国側の反応などを詳細に検討した上で、近く事件を国連安保理に提起する見通し。鳩山首相は3カ国首脳会談後の共同記者会見で、温首相の来日に触れ、「引き続き(中国側と)意思疎通していきたい。日韓で連携することは言うまでもない」と述べた。

【関連記事】
日中韓首脳会談 中国の「曖昧」姿勢は残念
哨戒艦事件 韓国政府が鳩山首相発言を発表後、訂正し謝罪
中国 対北配慮崩さず 日中韓首脳会談
哨戒艦沈没事件 ヘリテージ財団・クリングナー研究員に聞く
鳩山首相、幸夫人と手つなぎ訪韓
iPadが上陸

<横領容疑>配達員が書留の2万円着服 名古屋(毎日新聞)
天下り職員名をホームページで公表 福岡県、きょうから(産経新聞)
メカ獅子頭をお披露目=金沢美術工芸大〔地域〕(時事通信)
5人乗りボートが防波堤に衝突、1人重傷(読売新聞)
石原都知事「上海万博日本館の責任者は誰だ!? 堺屋太一か!?」(産経新聞)

<口蹄疫>殺処分対象の種牛49頭延命を要望へ 東国原知事(毎日新聞)

 宮崎県の東国原英夫知事は22日、家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)で殺処分対象になっている県家畜改良事業団の高級牛ブランド「宮崎牛」の種牛49頭について、経過観察を条件に殺処分しないよう国に要望する意向を明らかにした。

 同県西都市に特例的に避難させていたエース級6頭のうち「忠富士」に感染疑いが確認され、残り5頭の今後も不透明な状況。東国原知事は「県の種牛が一頭もいなくなっては被害が甚大。日本の畜産にとって壊滅的な打撃だ」としている。

 これに対して山田正彦副農相は「大臣(赤松広隆農相)と相談するが、特例を認めていいとは思っていない」と否定的な考えを示した。

 県によると、現在、種牛49頭には口蹄疫の症状はないという。【石田宗久】

【関連ニュース】
口蹄疫:日本相撲協会が宮崎県に500万円
口蹄疫:「スピード感が大事」鳩山首相、赤松農相らに指示
口蹄疫:新たに5市町9農家で疑い 宮崎
口蹄疫:ワクチンの接種開始 家畜15万頭を対象に
口蹄疫:スーパー種牛の感染疑い 畜産関係者に大きな衝撃

家出人数は8万1600人=7年連続減少―警察庁(時事通信)
デスクトップアイコンを何個くらい置いていますか?(Business Media 誠)
参院選7月11日投開票=国会延長せず―政府・与党方針(時事通信)
「極刑に」 大阪・梅田のひきずりひき逃げ事件公判で遺族陳述(産経新聞)
<不同意堕胎>逮捕の医師「ビタミン剤」と交際女性にメール(毎日新聞)

<不同意堕胎容疑>栄養剤と欺き薬品点滴 交際の医師逮捕へ(毎日新聞)

 交際していた女性の同意を得ずに医薬品を点滴して胎児を流産させた疑いが強まったとして、警視庁捜査1課は、東京慈恵会医科大学付属病院(東京都港区)に勤務していた30代の医師について不同意堕胎容疑で18日に逮捕する方針を固めた。同容疑での強制捜査は極めて異例。捜査1課は医師の立場を利用した悪質性を考慮し、強制捜査が不可欠と判断したとみられる。【神澤龍二、山本太一、内橋寿明】

 捜査1課は18日に同大付属病院と金沢市内の医師の自宅など数カ所を家宅捜索する。

 捜査関係者によると医師は08年ごろ、妊娠3カ月で体調不良を訴えた交際中の女性に対して「良い栄養剤がある」などと持ち掛け、女性の自宅で子宮収縮剤を点滴し、胎児を流産させた疑いが持たれている。女性が「栄養剤を注入された後、体の調子がおかしくなって流産した」と警視庁に被害届を提出した。

 医師は09年8月まで同大付属病院の血液内科で勤務していたが、その後、金沢市内の大学病院に出向している。慈恵医大病院関係者は「勤務態度など特に問題はなかった」と話している。

 子宮収縮剤は陣痛促進剤としても使用され、出産予定日を過ぎても陣痛が来ない場合や、陣痛前に破水して母子に危険が及ぶと医師が判断した場合に使われる。女性の自宅に使いかけの子宮収縮剤の点滴パックが残されており、捜査1課は医師が栄養剤とだまして点滴した疑いが強いとみている。

 刑法215条では、女性の同意を得ず故意に堕胎させる行為を不同意堕胎罪とし、懲役6月以上7年以下の罰則を規定している。

【関連ニュース】
医師法違反:偽女医を逮捕 免許ないのに勤務を志願
県立宮古病院・偽医師事件:入居準備に200万円 病院が支出
世界の雑記帳:ベネズエラの偽形成外科医、不法な豊胸手術で逮捕

<普天間移設>「先送り」閣僚発言相次ぐ(毎日新聞)
<H2A>金星探査機「あかつき」搭載し発射場へ 種子島(毎日新聞)
浜教組の教科書不使用指示 文科省が調査開始(産経新聞)
消費税率の明記は見送り 自民参院選公約原案(産経新聞)
中学体育祭、強風でテント飛び生徒10人けが(読売新聞)

<もんじゅ>冷却系配管で高温警報(毎日新聞)

 日本原子力研究開発機構は8日、試験運転中の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市、28万キロワット)の原子炉建物(管理区域)で同日午後4時45分ごろ、原子炉を冷やす1次系ナトリウムの温度が一時的に上限値を超え警報が作動したと発表した。警報は午後5時1分に解除し、周辺の環境や試験継続に影響はなかったという。

 温度が上昇したのは、原子炉を止めて点検する際に原子炉を冷やす1次メンテナンス冷却系配管。ナトリウムは220~230度の間に制御しているが、上限値の250度を超えると警報が鳴る。もんじゅは同日午前10時36分に運転再開後初の臨界に達したが、約1時間後に出力を下げており、機構は「臨界と温度上昇は関係がない」としている。【酒造唯】

【関連ニュース】
もんじゅ:再開に期待と懸念
もんじゅ:運転再開 火災から14年ぶり
もんじゅ:地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ
もんじゅ:警報機誤作動…原子力機構、公表遅れる
もんじゅ:5月6日運転再開を発表

新型インフル1年 “本物の危機”への対応は?(産経新聞)
千葉・医療再生の序章(中)―東部の二次医療圏に救命救急センターを(医療介護CBニュース)
郷田九段、寝坊で不戦敗のペナルティーでファンと対局(スポーツ報知)
老いる時知らず、若身の美味 初夏の「時鮭」初競り(産経新聞)
谷選手、参院選出馬を表明「五輪で金も目指す」(読売新聞)
プロフィール

はたのたかお

Author:はたのたかお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。