スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<小沢氏聴取会見>説明責任「果たしていない」 地元にも厳しい声(毎日新聞)

 ◇「新しいこと何もない」

 小沢一郎民主党幹事長が、東京地検特捜部の事情聴取後、説明会見をして一夜明けた24日、強く説明責任を求めていた県民や野党からは「新しいことは何もない」など、会見内容への不満がくすぶった。民主側からは「疑念は解消された」の声が出るものの鎮静化の気配は見えない。新政権を揺さぶる政治とカネへの疑問に対する説明責任を問われる状況が続く。【岸本桂司、山口圭一、狩野智彦】

 ◇「詳しい説明を」--市民アンケ

 毎日新聞は24日、小沢氏の説明責任と対応について、改めて市民50人(男性25人、女性25人)に盛岡市大通の民主党県連前で聞いた。説明責任については「果たしていない」が44人と前回アンケート(16日)の46人から大きく変わらず、県民がより詳しい説明を求めていることが分かった。

 小沢氏の説明責任については、「果たしている」は6人にとどまった。一方で、「果たしていない」と回答した人の多くは、「説明できていないお金があるように思える」(盛岡市、40歳代男性会社員)「うやむやにしようとしている」(同市、50歳代女性パート社員)など、説明に理解が得られていないことが浮かび上がる。

 今後の対応については「さらに説明が必要」が24人と最多だった。中には「今後の説明の内容次第では、民主党を応援しない」(同市、60歳代女性無職)と声も。「党役職辞任」「議員辞職」を求めた人は、20人と前回から3人増え、「側近3人が逮捕された時点で道義的責任がある」(同市、50歳代男性団体職員)など厳しい声が上がった。

 ◇後援会「今後も支える」

 小沢氏の会見を受け、地元後援会からは「今後も小沢先生を支えていくだけだ」と平静を装い、擁護する声が上がった。後援会水沢連合会の小野寺伝会長は「小沢先生は法に触れるようなことはしていないと信じている」と話した。

 民主党県連の工藤堅太郎代表は「これで疑念は解消されたのではないかと思う」と、会見を評価した。また、「国民が触れる情報は検察のリークでゆがめられたものだ」と指摘。「疑惑を認めなければ説明責任を果たしたことにならない、という風潮があるように思える」と述べた。

 一方野党側は、会見内容について「目新しいものはない」と口をそろえる。その上で、「普通、億単位のカネが自宅にあるとは考えられない」(公明党県本部・小野寺好代表)、「会見で真相は明らかになっておらず、国会の証人喚問で明らかにすべきだ」(共産党県委員会の菅原則勝委員長)と、説明責任を果たす必要性を語る。

 また、自民党県連の鈴木俊一会長は「我が党で同じことが起きたら党内から批判が出るし、幹事長は辞任している」と述べ、幹事長続投に疑問を示す。

 連立を組む社民党県連合の伊沢昌弘幹事長は「(幹事長続投は)明らかになった時点で本人が判断すべきだ」と述べるにとどまった。

==============

 ◇アンケートの質問と回答◇

 <問1>小沢氏の説明責任は?

果たしている   6人 (4)

果たしていない 44人(46)

 <問2>小沢氏の取るべき対応は?

党役職辞任    12人 (9)

議員辞職      8人 (8)

さらに説明が必要 24人(27)

現状のままで良い  6人 (6)

 ※( )内は16日の結果

【関連ニュース】
陸山会土地購入:石川議員ら3人、10日間の拘置延長に
東京都議補選:島しょ部で自民勝利、小沢幹事長問題影響?
小沢事務所:別工事でも受注謝礼要求 年2000万円
陸山会土地購入:小沢氏説明なお疑問 原資、供述食い違い
民主:陸山会事件の捜査長期化を懸念 小沢氏「信念貫く」

<児童虐待>防止に文科省と厚労省が会議 欠席情報共有へ(毎日新聞)
仏様を守れ!「清水の舞台」からも放水(読売新聞)
京都フリースクール虐待、元経営者に懲役3年6月(産経新聞)
<空自>国産次期輸送機、初の試験飛行 岐阜基地(毎日新聞)
<押尾学容疑者>保護責任者遺棄致死罪で起訴 裁判員裁判に(毎日新聞)
スポンサーサイト

篠山紀信氏を公然わいせつ容疑で書類送検(読売新聞)

 写真集用のヌード写真を公道などで撮影したとして、警視庁は25日、写真家の篠山紀信氏(69)と、モデルの20歳代女性2人の計3人を公然わいせつ容疑で書類送検した。

 発表によると、篠山氏ら3人は2008年8~10月の夜間、写真集「NO NUDE by KISHIN 1 20XX TOKYO」(朝日出版社)の撮影のため、東京都江東区有明1の有明北橋など計12か所で公然と裸の写真を撮影した疑い。3人とも容疑を認めている。

 同庁幹部によると、篠山氏は「昨年が写真家として活動50年にあたり、記念碑的な作品を作りたかった。申し訳なかった。配慮が足りなかった」と反省しているという。写真集は昨年1月に出版され、都内の墓地やJRの線路内などで撮影されたヌード写真が約60ページにわたって掲載された。

 書類送検について、篠山氏の事務所は「最終的な処分が出るまでコメントはしない」としている。

損保会社から80万騙し取る 架空や水増し、柔道整復師と患者を逮捕 警視庁(産経新聞)
花粉、例年並みか少なめ=日照不足や低温影響-環境省(時事通信)
<著者インタビュー>金原ひとみ「アイデンティティーをそぎ落とされ、少女はやがて女になっていく」(毎日新聞)
土地購入 小沢氏の立件視野 東京地検 虚偽記載認識か(産経新聞)
「人だったかも」24km引きずり死容疑者供述(読売新聞)

<コンビニ強盗>ノコギリ持ち押し入った疑いで女逮捕 岐阜(毎日新聞)

 21日午前1時ごろ、岐阜市又丸柳のコンビニエンスストア「ココストア岐阜又丸店」にノコギリ(刃渡り約20センチ)を持った女が押し入り、女性アルバイト店員(27)を脅して現金16万2000円を奪った。女は、店内のビニールひもで店員の腕を縛ろうとしたが、店内の事務室にいた男性アルバイト店員(21)が異変に気づき、女を取り押さえ、駆けつけた県警岐阜北署員が強盗容疑で現行犯逮捕した。

 同署によると、逮捕されたのは、岐阜市川部、無職、松嶋美保子容疑者(51)。「金が欲しかった」と供述しているという。【山田尚弘】

【関連ニュース】
コンビニ強盗:前橋周辺で男2人組 年末から4件目
強盗:コンビニ売上金650万円奪われる 愛知・蒲郡
コンビニ強盗:2人組の男が現金奪って逃走 群馬・玉村町
強盗:コンビニで250万円奪われる 群馬・東吾妻
コンビニ強盗:4人組、トレーごと金奪う--南アルプス /山梨

元フィギュアコーチに懲役7年=教え子の女子中生に暴行-名古屋地裁(時事通信)
<偽造旅券>中国人ら224人に発送 2被告報酬350万円(毎日新聞)
自民、外国人参政権など地方議会で反対指示へ(産経新聞)
<小沢幹事長>23日に任意聴取…終了後「国民向け」声明へ(毎日新聞)
<はなかっぱくん>NHK教育のテレビアニメに 3月放映(毎日新聞)

衆院予算委、きょうから本格論戦 自民、審議応じ「ゆっくり追及」(産経新聞)

 衆院予算委員会は初日の20日、菅直人副総理・財務相が平成21年度第2次補正予算案の趣旨説明を行った。21日から本格的な審議に入り、自民党の谷垣禎一総裁も質問に立ち、事実上の党首討論が実現する。与党は25日の補正予算案の採決を目指している。

 野党は、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体による土地購入事件を徹底追及していく方針だ。特に自民党は、夏の参院選をにらみ、審議拒否の戦術はあえて取らず「ゆっくり追及していかなきゃいかん」(谷川秀善参院幹事長)と手ぐすねを引く。ただ、公明党が補正予算案に賛成の意向をみせるなど、野党共闘は必ずしも強固ではない。

 与党は「経済最優先」を盾に、審議時間を可能な限り押さえ込みたい考えだ。ただ、昨秋の臨時国会で見せたような数の力で押し通す戦術は、内閣支持率の急落の影響や小沢氏らの問題を抱えるなかで、世論の批判を浴びかねないとの見方もある。

<新型インフル>名古屋大、三重大は追試せず(毎日新聞)
「本当言うとやっていません」初めて否認する菅家さん(産経新聞)
菅家さん否認「虚偽と思った」=元検事、謝罪はせず-足利事件再審公判・宇都宮地裁(時事通信)
公開初日、ニホンザル逃げる=下北半島出身、塀駆け上がり-上野動物園(時事通信)
火災 桑田真澄さんの父が死亡 浜松で住宅全焼(毎日新聞)

<原研機構>下請けの所得隠しで改善策を発表(毎日新聞)

 日本原子力研究開発機構(茨城県東海村)の業務を請け負う「常陽産業」(同)などの企業グループが税務調査で所得隠しを指摘された問題で、機構は20日、調査結果と改善策を発表した。

 税務調査では、勤務実態のない機構OBにグループが給与を支払っていたと指摘された。機構は01~08年にOB2人が顧問として週1~2回勤務し、年収240万円を得たと説明した。しかし、年収などの条件は口頭で決められ、出勤簿の記録はなかった。

 現在、機構OBが36の企業や関連法人に再就職し、顧問や嘱託の肩書を持つOBは26人。うち4人で勤務条件の記録文書、3人で出勤簿がなかった。

 機構は、役職員の地位を利用した不当な求職活動の禁止などを定めた内部規定を制定。文部科学省も改善要請した。

【関連ニュース】
もんじゅ:再開了承は国の審査後…福井県知事
もんじゅ:再開了承は審査後??福井県知事
配管で誤計算 17基、強度プログラムミス--電力7事業者
もんじゅ:「再開、対策完了」 安全性評価、保安院が骨子案 /福井
もんじゅ:原子力安全委・鈴木委員長、きょう初視察 再開判断へ /福井

「大声うるさい」81歳妻が89歳夫を刺殺未遂(読売新聞)
<湯かけ祭り>八ッ場ダムの地元は一面湯気 川原湯温泉(毎日新聞)
<準天頂衛星>1号機の愛称「みちびき」に JAXAが発表(毎日新聞)
<春の臨時列車>前年比9%減…JR旅客6社(毎日新聞)
小沢氏会見詳報(2)「与えられた職責を全うしたい」(産経新聞)

怒声飛び交うゲーム賭博店の緊迫手入れ(産経新聞)

 夜のネオンがきらめく横浜市中区の繁華街の一角。神奈川県警生活保安課と伊勢佐木署が内偵捜査を進め、雑居ビル4階にポーカーゲーム機賭博店の存在をつかんだ。摘発を逃れるため、店名を示す看板などはなく、監視カメラや複数の鍵を付けるなど、あの手この手を使って警戒する店側。これに対し、取り締まりの手をゆるめない警察側。息詰まる神経戦の末、捜査員が賭博店を急襲した緊迫の「手入れ」の一部始終を目撃した。(大渡美咲)

 ■バールでこじ開け急襲

 「警察です。開けてください」

 今月6日午後10時過ぎ、横浜市中区の繁華街・福富町の雑居ビル4階にある店舗前。県警の捜査員約10人が、監視カメラのついた木製の扉の前でノックしながら何度も呼びかける。扉には以前あった店名とみられる「PUB姫」の看板がそのまま掲げられていた。

 店からの応答はなく、いらだつ捜査員。監視カメラに向けて捜索令状を見せながら、「警察だ開けろ!」と大きな声で叫んだ。らちがあかないと判断した捜査員は、あらかじめ用意していたバールで扉をこじ開け始めた。

 「いいか開けるぞ!」「開けるぞ!」

 2カ所付けられた鍵をバールを使って力ずくで壊しにかかると、ガンガンという大きな音が狭い廊下に響きわたる。

 数分たち、捜査員が2つ目の鍵を壊そうとした直後、観念したのか店側が扉を開けた。捜査員が雪崩を打って店内に突入。

 「(午後10時)21分入り!」「5千円賭博事実あり!」。捜査員の叫ぶような声が店内で飛び交う。客や店員には動かないように素早い指示が出された。

 ■客に僧侶も

 あぜんとする客と従業員に対し、捜査員は手際よく捜索を進める。店内は70平方メートルほどで、鏡張りになっている。窓などはないが逃げるためとみられる非常口があった。

 入り口に付けていた監視カメラとつながっているとみられるモニターも見つかった。その横で従業員の佐藤正彰容疑者(44)はうなだれていた。もう1人の従業員、藤枝久子容疑者(49)も、はじめは否認するようなことを言っていたものの、しばらくして容疑を認め、ぶぜんとした表情で椅子に座っていた。

 店内にはポーカーゲーム機が9台あった。ゲーム機の画面では、「GOODLUCK」という文字が点滅していた。その前で苦笑いする客の男性が2人。後で取材して驚いた。1人はなんと僧侶(63)だった。もう1人は無職の男性(79)で、2人とも次の日に釈放されたが、僧侶は「時間があったので来た。好きだからやっている」。男性の方は「年金暮らしだが、賭博が大好きでやってきた」と話したという。僧侶はお布施で賭博をしていたのだろうか、あきれてしまった。

 佐藤容疑者は「悪いと知りながら、職もなかったのでやった」などと供述。1日の売り上げは「20万円くらい」と話し、客の中には1日で25万円負けた人もいたという。

 捜査員は店内を丹念に調べ、ゲーム機と現金などを押収し、運び出した。捜索が終了したのは翌日の午前1時ごろだった。

 ■2000円が100万円に

 県警によると、摘発された店は昨年12月に開店したばかりで、経営が軌道に乗る前の摘発だった。24時間営業で、1日あたり多くて10人ぐらいの客が訪れていたという。1回に最高2千円を賭けることができ、最も倍率の高いロイヤルストレートフラッシュが出ると、500倍で100万円をもうけることも可能だったという。

 店に名前はなかった。一見客は入れず、鍵を二重にかけ、客の出入りを監視カメラでチェックするという警戒ぶりだった。

 県警の摘発を逃れるため、この店と同様に、届け出をせず店名も掲げない賭博店が増えており、「アンダーグラウンド化」が進んでいるという。以前は、風営法で定められた「遊技場営業」のゲームセンターなどとして許可を受けた店が、裏で賭博をやっているというケースがほとんどだった。店名を掲げないのは集客には不利だが、警察の摘発が進んで店側が警戒を強めているための影響とみられるという。

 捜査関係者は「店の存在自体を隠しているため、店を探すことから捜査が始まる。大変だ」とため息をつく。

 ■いたちごっこ

 県警には、さまざまな情報が入ってくる。「変な声がする」「人の出入りがおかしい」「賭博をやっていると聞いた」…。うそか本当か分からないような情報を手がかりに、実態把握を進めていく。捜査は人の出入りや店の周辺のチェックなどから始まる。

 店側も神経をとがらせ、異変を感知するため、ビルの外に人を立たせたりして警戒は怠らないという。捜査関係者は「手探りの状態からスタートすることが多い。何よりも警察が動いているということを店側に察知されないようにすることが一番大変」と内情を話す。店側の警戒で事前に客を装って店に入るのはかなり難しいという。客や出入りしている人からの情報を積み重ね、最終的には摘発の日時を決めるのだ。

 うまく準備が進み、摘発となっても、客がいなければ常習賭博罪は成り立たない。厳重な鍵を壊している間に、非常階段から逃げたり、金を隠されたり…と証拠隠滅を図る店もある。捜査関係者は「突入のタイミングが難しい」と漏らす。摘発にはかなりの労力と神経を使うのだ。

 捜査関係者は「摘発しても、ほとぼとりが冷めるとまた同じような店が出てくる。いたちごっごの部分もある」と話す。

 ■主流はパチスロとカジノ

 県警によると、一昔前の喫茶店などに置かれたゲーム機全盛時代、賭博の世界で流行したポーカーゲーム機店だが、最近は少なくなっている。パチスロのほか、バカラやブラックジャック、ルーレットがあるカジノが主流になっている。

 捜査関係者は「ポーカーは地味で華やかさがないからではないか」と話す。10年ほど前に取り締まりが強化され、店が減ったことも廃れていった原因とみられる。

 一方で客を集める「闇パチスロ店」。勝ち負けが大きいギャンブル性の高い「4号機」と呼ばれる機種を置く。この機種にのめり込み借金を重ねた上の犯罪が相次ぎ問題化し、平成19年7月までに一般のパチスロ店から撤去された。若い人を中心に人気が高く、機械が余っていることもあり、裏で流通したという。

 ポーカーゲーム機賭博は客と店が金を賭ける「常習賭博罪」に当たる。カジノや丁半賭博などは客同士が金を賭け合う「賭博開帳図利罪」に当たり、店は一定の手数料「寺銭」を徴収する営業方法を取る。店としては後者の方が、安定した収入を得ることができるという。

 「ポーカーをする人は金と時間に余裕のある高齢者が多い。根強いファンやマニアがいる」と捜査員。今回摘発されたのも60歳以上だった。パチスロ店で摘発されるのは30~40歳代が多いという。 

 県警幹部は「客がいるから店もなくならない。摘発は続けていかなくてはならない」。賭博の根深い実態を吐露した。

【関連記事】
“元カノ”、イ・ビョンホンさんを賭博容疑でも告発
バカラ賭博容疑で20人逮捕 札幌
潜伏ポーカーゲーム賭博店を摘発 横浜、客に僧侶も
自暴自棄…金絡みの犯罪激増 墜ちた美人カリスマトレーダーも…
中国のプロサッカーで八百長 1試合を250万円で売買

<センター試験>得点調整は実施せず(毎日新聞)
<小惑星探査機>「はやぶさ」地球引力圏の軌道に(毎日新聞)
バイオ後続品の共同開発で提携交渉―日医工(医療介護CBニュース)
当直の駅員寝坊、始発に8人乗れず…JR関西線(読売新聞)
星雲 5500光年かなたの「出目金」?「猫の足」?(毎日新聞)

アナログ放送を48時間停止=地デジ完全移行へリハーサル-石川・珠洲市(時事通信)

 総務省は22日正午、2011年7月のテレビ放送完全デジタル化に向けた実験地域に選定している石川県珠洲市で、アナログ放送を24日正午まで48時間停止するリハーサルを始める。約7500世帯を対象に、移行への最終的な課題を探る。
 珠洲市では今年7月、全国より1年早く地上デジタル放送(地デジ)に完全移行する予定。昨年7月には1時間の停止実験が行われ、総務省は戸別訪問などで移行の周知や視聴対策を進めてきた。
 今回のリハーサルは同市の大部分と、隣接する能登町の一部が対象で、NHKと民放4社が珠洲中継局からのアナログ放送を停止。NHKのアナログ画面は真っ青に変わって「リハーサル実施中」と表示され、民放は画面が砂嵐になる。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕新電波塔「東京スカイツリー」
地デジ経費かさみ赤字に=受信料収入も伸び悩み-NHKの10年度予算
出資規制緩和で地方局支援=通常国会に法案
10年末の地デジ普及率96%に=数値目標を設定
総務省もエコポイント延長を要望

拉致解決「困難だが期待」=飯塚代表ら、米特使と面会(時事通信)
<前原国交相>JR不採用問題「早く解決を」(毎日新聞)
外国人参政権、全力で阻止=自民有志(時事通信)
「小沢さん、厳しいねえ」反小沢陣営からは…(産経新聞)
全国初 子供用携帯を都が推奨へ(産経新聞)

重要民俗文化財 沼津内浦・静浦の漁労用具など5件答申(毎日新聞)

 文化審議会(西原鈴子会長)は15日(1)沼津内浦・静浦と周辺地域の漁労用具(静岡県沼津市)(2)丹後の紡織用具及び製品(京都市)(3)須佐宝泉寺・黄帝社奉納船絵馬(山口県萩市)--の3件を重要有形民俗文化財に、(4)邑町(むらまち)のサイノカミ(富山県入善町)(5)高原(たかはる)の神舞(かんめ)(宮崎県高原町)--の2件を重要無形民俗文化財に指定するよう、川端達夫文部科学相に答申した。

 (1)は大正初期までこの地域に回遊してきたマグロやカツオを取るオオアミ漁で使われた漁具などで、地域の漁法の変遷などを示す資料。(2)は丹後地方で伝統的に行われてきた藤織りや麻織りなどに用いられた用具など。(3)は日本海各地を行き来した回船の船乗りたちが奉納した船絵馬49点。(4)は厄払いや無病息災、五穀豊穣(ほうじょう)を願う小正月の火祭りの行事。(5)は霧島信仰を背景に、江戸時代から続く神楽で毎年12月に行われる。【井上俊樹】

【関連ニュース】
<写真特集>貴重な文化財の数々 日本の世界遺産
<昭和毎日>文化財保護法公布(1950年)
花祭り:伝えていこう 名古屋大学で16、17日に支援シンポ /愛知
<写真特集>日本の祭り

<三井生命保険>顧客情報入りパソコン11台紛失(毎日新聞)
参院選で「6議席以上獲得」=決議を採択-共産党大会(時事通信)
産業ガスで価格カルテルか=大陽日酸など十数社立ち入り-公取委(時事通信)
石川議員、4口座へ同日入金=数千万円ずつ、別の出どころか-小沢氏団体事件(時事通信)
「終わって安堵している」=海自部隊、最後の給油-相手国から「ジャパンコール」(時事通信)

<自民党>外国人の選挙権は反対方針(毎日新聞)

 自民党は14日、政府が18日召集の通常国会に提出する永住外国人に地方選挙権を与える法案に反対する方針を固めた。党内で「憲法違反」などの意見が強く、地方議会から反対の意見書が出ていることも考慮した。

 選挙権とは別に、対象となる外国人が地元自治体固有の問題に関与できる仕組みを検討し、法案審議が始まるまでに党の見解をまとめる。

 法案に対する党所属国会議員の意見を集約するため、特定の部会にはかけず、政務調査会全体で議論する。

 これに関連し、石破茂政調会長は14日の記者会見で、01年に党選挙制度調査会で議論した際に反対意見が大勢を占めた経緯を踏まえ、「論点は出尽くしているので一から議論はしないが、だめと一刀両断にするのではなく、(永住外国人の)真摯(しんし)なニーズに応える道も提示したい」と述べた。【中田卓二】

【関連ニュース】
渡部恒三氏:外国人選挙権は議員立法で
外国人選挙権:法案、通常国会へ 与野党で賛否交錯
外国人地方参政権:通常国会に法案提出方針…平野官房長官
小沢幹事長:永住外国人に地方参政権を…法案提出を要望
山岡国対委員長:首相実母や小沢氏の参考人招致拒否の意向

【集う】永六輔トークライブ(12日、東京・千駄ケ谷のサイクルスクエア北参道)(産経新聞)
センター試験開始14分前に「解答始め!」(産経新聞)
民主党、会議から報道陣を閉め出し(産経新聞)
雑記帳 500系“引退”記念バウムクーヘン(毎日新聞)
復元運行決定のSL「C61」、修復作業に向け搬出 群馬(産経新聞)

センター試験、大雪で北大など1時間繰り下げ(読売新聞)

 17日に2日目を迎えた大学入試センター試験で、北海道大、北海道教育大、北海学園大など札幌市、江別市内の北海道内の7大学8会場で、大雪によるJRやバスなどの交通機関の乱れで、試験開始時間を1時間繰り下げる措置がとられた。

 この日の札幌市内は、午前3時過ぎから大雪に見舞われ、午前9時には64センチの積雪が記録された。JR北海道によると、午前10時50分までに運休が84本あり、千歳線や函館線で大幅にダイヤが乱れた。このため、北大などが大学入試センターと協議して、繰り下げを決定した。

別の客とトラブル、殴られ大学生が死亡 大阪(産経新聞)
<訃報>杉下雅章さん74歳=元新光証券会長(毎日新聞)
ひったくり容疑で少年ら3人逮捕 デジカメや携帯はリサイクルショップに転売(産経新聞)
「参政権は民団への公約」赤松農水相が公言 選挙で支援認める?(産経新聞)
バイアグラ 模造品販売容疑で弘道会系組幹部逮捕 愛知(毎日新聞)

エコカー減税に懸念=米国務長官-日米外相会談(時事通信)

 【ホノルル時事】クリントン米国務長官は12日(日本時間13日)のハワイでの岡田克也外相との会談で、日本のエコカー減税について「日本の制度が排他的ということで、米議会で懸念が高まっている」と述べ、米国車の排除につながりかねないとの懸念を示した。 

【関連ニュース】
【動画】電気スポーツカー「テスラ・ロードスター」
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

<地震>鹿児島県で震度4=午後4時11分(毎日新聞)
「大阪人権センター」移転 4月にも 耐震問題、民間ビルへ(産経新聞)
<陸山会土地購入>引き出しは3億円 石川議員供述と差(毎日新聞)
米国でRA治療薬アクテムラの承認取得―中外製薬(医療介護CBニュース)
ロスのホテルで日本出身の女性支配人殺害か(読売新聞)
プロフィール

はたのたかお

Author:はたのたかお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。