スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JICAに厳しい「仕分け」緒方貞子理事長給与にも言及(J-CASTニュース)

 行政刷新会議による「事業仕分け」第2弾が2010年4月23日、東京・日本橋の民間貸し会議室で始まった。初日の序盤では「前回に比べてトーンダウンしているのでは」との声が記者団から出たものの、この日の「本丸」である国際協力機構(JICA)への仕分け作業に入ると、「前回の仕分けの結果が反映されていない」などと独法側に対する厳しい追及が続いた。

 「第2弾」で対象となるのは、47独立法人の151事業で、初日は9法人28事業が対象。前回の09年11月の会場は、体育館をパーティションで区切って3つの会場で作業が行われたが、今回は会議室を借り切って2会場で行われた。

■仕分け人からは続々と批判の声

 2会場あわせて240席の一般向け傍聴席が用意されたが、前回に増して関心度が高い様子で、仕分け会場は傍聴人であふれていた。前回の仕分け会場に比べて天井が低いこともあって、熱もこもりがちだった。入場制限も行われ、一時は100人以上が1階のエレベーターホールで足止めをされ、テレビ中継で仕分けに見入っていた。

 2つある仕分け会場のうち、「仕分け人」蓮舫参院議員が登場した「ワーキンググループA」では、1コマ60分の仕分け作業が、6回にわたって行われた。「沖縄科学技術研究基盤整備機構」を対象にした1コマ目の作業の直後には、

  「今回は、説明する担当省庁の方に対しても、『この先についてどうするのか』についてプレ事業仕分けの時に何度も言わせていただいているので、そこはぶつかるところにはならないのでは」

と、あまり議論が紛糾しないことを示唆していた蓮舫議員だが、2コマ目のJICAを対象にした仕分け作業が始まってみると、実際は違ったようだ。

 このコマでは、人件費や所有する施設の整理統合について、前回の仕分け作業の結果がどの程度反映されているかを検証(フォローアップ)することが目的とされたが、仕分け人からは続々と批判の声があがった。

 例えば、「航空運賃は、ビジネスクラスではなくエコノミークラスでの使用を基本にし、経費が8億1200万円減らせた」とするJICA側に対し、

 「全体の航空運賃は111億4800万円(08年)。余り減っていないのではないか」

 と反論され、「(給与とは別に支給される)在外手当が、ここ10年で3割減った」という主張に対しては、具体的な額を開示するように求める声が飛んだ。

■「テレビの前では言いたくないんですけど」

 JICA側は、「北京の次長クラスで、99年には月額64万5400円だったものが、10年には43万9300円に、31.9%減少している」などと説明したが、やはり普通の民間会社と比較して好遇なことに疑問の声が相次いだ。

 渋谷区にある広報・研修施設「東京国際センター」についても、

  「国際空港に近いという意味では、大阪や成田はどうか」「埼玉の朝霞ではどうか」

 などと、郊外に移転したり、余っている別の独立行政法人の施設を利用してコストを削減すべきとの声が続出した。

 仕分け作業の最後には、理事長の報酬額について「報酬は年に2116万円だが、月額報酬の規定と計算があわない」という趣旨の指摘がされると(他の仕分け人からは「ボーナスの分」とフォローする声)、福山哲郎外務副大臣がシドロモドロになる一幕もあった。

  「これはテレビの前では言いたくないんですけど、理事長は(元・国連難民高等弁務官の)緒方貞子先生です。本当にご高齢の中、世界中を飛び回って援助にかけまわっていただいてます。緒方先生のご経歴、国際社会への貢献といったことを考えた時に、この金額が高いか高くないかと言うときに、『高くない』とは言いませんが、しかしそこは、緒方先生のこれまでの実績を含めて、それは十分に、僕は国民に理解いただいていると思う」

 概してJICA側は「防戦一方」の様相だ。その結果、14人の仕分け人のうち、12人が「見直しが不十分」と判定。調査研究費、施設整備資金について、さらなる縮減を求められることになった。

 仕分け作業の「第2弾」の前半は、週末をはさんで26日~28日まで行われ、後半は5月下旬に行われる。


■関連記事
事業仕分け「第2弾」 ネット中継は「ニコ動」など5サイトが担当 : 2010/04/20
鳩山首相「高速料金」またまた迷走 小沢と前原どっちが大事? : 2010/04/22
政党支持に地殻変動の予兆 急上昇「みんなの党」台風の目 : 2010/04/22
母の日に花を エチカ表参道と渋谷西武に「花車」登場 : 2010/04/20
眠りたいのに眠れない ケータイゲームの「カチカチ音」 : 2010/04/23

「回避できた可能性」県警認める=石巻3人殺傷で検証報告-宮城(時事通信)
学力テスト方式移行「大失政の典型」橋下知事(読売新聞)
「一般への影響、最小限に」=APEC控え、交通部長会議-警察庁(時事通信)
<裁判員制度>東京高裁「合憲」 初の憲法判断(毎日新聞)
<ネット競売>戦艦三笠の探照灯出品 10年前の盗品か 日露戦争の連合艦隊旗艦(毎日新聞)
スポンサーサイト

女子高生200人がお願い! 警視庁など痴漢撲滅キャンペーン(産経新聞)

 女子高生からのお願いです-。女子高生約200人がJR池袋駅(東京都豊島区)に集まり、痴漢撲滅を訴えるチラシを配った。イベントは警視庁と神奈川、千葉、埼玉の3県警、首都圏の鉄道16社による一斉取り締まりの一環。

 私立高3年の平間美衣さん(17)は「卑劣な痴漢で多くの仲間が心に傷を負っている」と女性の立場から撲滅を呼びかけた。警視庁は21日までの期間中、電車内で痴漢摘発にあたる捜査員を増員。JR新宿駅には相談コーナーを設置する。

 チラシを受け取った千葉県八千代市の大学2年、小林祐太さん(19)は「自分の身近にも痴漢にあった人がいる。男として恥ずかしい」と話していた。

【関連記事】
消防士バス痴漢、ストッキング下げ脚触る
夜行バスでストッキング下げ… 強制わいせつ容疑で東京消防庁職員逮捕
女装男が男を…性同一性障害患者の「痴漢」に周囲フクザツ
首都圏で痴漢集中摘発へ 4都県警と鉄道16社
駆けつけた警官の前で女性の尻触る 容疑の男逮捕
電車内で痴漢行為、警視庁警部補を現行犯逮捕

JR北海道 特急展望室を廃止 衝突事故受け(毎日新聞)
仙谷氏「衆参ダブル選を問う可能性もある」(産経新聞)
なぜ長引くのか アイスランド噴火の影響(産経新聞)
介護現場の「ありのまま」描いた映画、17日から公開(医療介護CBニュース)
<山岳事故>福井の女性が滑落死…北ア・鹿島槍ケ岳近く(毎日新聞)

美浜2号機、手動停止へ=ヨウ素濃度上昇-福井(時事通信)

 福井県は19日、関西電力美浜原発2号機(同県美浜町)で、1次冷却材中のヨウ素濃度が上昇したと発表した。同社は、核燃料棒からヨウ素が漏えいした可能性があるとして、原因特定のため、今月中にも原子炉を手動停止する方針。周辺環境への放射能の影響はないという。
 県原子力安全対策課によると、関西電力は同日、放射能濃度の定例測定を実施。1立方センチ当たりのヨウ素濃度は16日は1.4ベクレルだったが、78ベクレルに上昇していた。核燃料棒を覆う被覆管に小さな穴ができ、内部から放射性物質が漏えいした可能性があるという。運転上の制限値は4万5000ベクレル。 

【関連ニュース】
もんじゅ安全性「問題ない」=専門委が報告書、近く知事判断へ
島根原発に立ち入り調査=点検漏れで県と松江市
原発建設ラッシュ、66基に=昨年から14基増
大学入試センター、民営化を検討=研究開発独法は整理統合
原発推進の利点強調=新政権初の原子力白書

<伝統薬>都内にショップ 薬事法改正で老舗結束(毎日新聞)
雑記帳 「エゾヒグマ館」公開へ 札幌(毎日新聞)
日航、全日空3便引き返し=アイスランドの火山噴火で-成田空港(時事通信)
千葉で子ども手当申請開始 市町村対応に追われる(産経新聞)
【麗し大和】(15)柳生みちの仏たち(産経新聞)

1票の格差「違憲状態」請求棄却…高松高裁(読売新聞)

 昨年8月の衆院選の小選挙区で、議員1人あたりの有権者数の格差(1票の格差)が最大2・30倍だったのは憲法違反だとして、香川1区(高松市など)に選挙権がある弁護士が香川県選管に選挙無効(やり直し)を求めた訴訟の判決が8日、高松高裁であった。

 杉本正樹裁判長は「格差は憲法の投票価値の平等の要求に反する程度に達していたが、合理的期間内に是正がされなかったとまでは認められない」と述べ、違憲状態と判断したうえで、請求を棄却した。

 昨年の衆院選での1票の格差を巡っては、東京高裁(2月)と福岡高裁那覇支部が「違憲状態」とした一方、大阪、広島、福岡、名古屋の4高裁は「違憲」、東京高裁の別の判決(3月)は「合憲」としており、司法判断は分かれている。

高松塚古墳 飛鳥美人など一般公開 文化庁、希望者募集(毎日新聞)
<参院選>三原じゅん子さん出馬に意欲…がん体験生かしたい(毎日新聞)
動物葬祭業者を逮捕=元町議、犬死骸を不法投棄-「火葬料金浮かせたかった」・埼玉(時事通信)
遠隔画像診断で医療連携推進を―医学放射線学会シンポ(医療介護CBニュース)
自分の印象をコントロールする方法

新党5人で発足方針=与謝野氏ら、5日に準備会合(時事通信)

 自民党に離党届を出した与謝野馨元財務相、無所属の平沼赳夫元経済産業相らは5日に都内で新党結成に向けた準備会合を開き、結党メンバーや新党の名称、基本理念などについて詰めの調整を行う。新党は政党要件を満たす国会議員5人で8日にも旗揚げする見通し。夏の参院選での民主党勝利を阻むため、比例代表や東京選挙区を中心に候補者擁立を目指す。
 与謝野氏は4日のフジテレビの番組などで、結党時期について「今週中」と明言。結成の趣旨に関しては「今のままいくと、衆参両院で民主党が過半数を取る。健全な批判勢力を参院に構築することが日本の民主主義のために大事だ」と強調した。
 新党は与謝野、平沼両氏が共同代表を務め、公職選挙法上の代表は平沼氏となる。さらに自民党の園田博之前幹事長代理、藤井孝男元運輸相が参加する見込みだ。与謝野氏は「まだいる」と述べ、5人確保は確実との考えを示した。先に同党を離党し、新党参加が取りざたされる鳩山邦夫元総務相については「平沼氏が5日か6日に会い、いろいろ話し合う」と語った。
 新党には、昨年の衆院選で落選した自民党の元議員らが加わる可能性があるほか、石原慎太郎東京都知事の関与も指摘されている。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<訃報>山内鉄也さん75歳=映画監督・脚本家(毎日新聞)
<名古屋市臨時会>19日招集 定数維持、報酬半減案調整も(毎日新聞)
麻薬密輸罪の邦人、中国が近く死刑執行と通告(読売新聞)
<名古屋市臨時会>19日招集 定数維持、報酬半減案調整も(毎日新聞)
<人事>外務省(毎日新聞)

「弁護士バー」12日オープン (産経新聞)

 弁護士がバーテンダーとしてカウンターで酒を振る舞い、時間や場所を変えて法律相談も受ける「弁護士バー」計画を進めてきた外岡潤弁護士=第二東京弁護士会(二弁)所属=らは3日、東京都港区で会見を開き、バーを4月12日に渋谷区道玄坂に出店することを明らかにした。

 店名は「リーガルバー六法」。営業時間は午後7時半~午前0時で、接客する弁護士は、当面は外岡弁護士1人の予定という。

 出店をめぐっては、弁護士資格を持たない者(法人などを含む)が報酬目的で弁護士仲介業を行うことなどを禁じた弁護士法に違反している可能性が高いとして、二弁が昨年12月、出店計画の中止を求めた。

 外岡弁護士は「ルールを守れば法律に抵触しないと判断した」と説明し、「二弁とは敵対関係ではない」と強調した。

 一方、二弁の中條高昭副会長は「計画内容が去年と変わらないまま具現化されるのであれば、弁護士法違反に当たるかどうか情報収集をしなければならない」と述べている。

<北朝鮮経済制裁>政府が1年間延長へ 強硬姿勢を堅持(毎日新聞)
水俣病未認定訴訟、チッソが和解案受け入れ(読売新聞)
パトカー追跡中、3台衝突事故=巡査部長ら2人死亡-新潟(時事通信)
広告にコンタクト価格表示させず、J&J立ち入り(読売新聞)
辞任せず職責果たす=鳩山首相(時事通信)
プロフィール

はたのたかお

Author:はたのたかお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。